読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

北米ホンダ、ピレリ・ワールドチャレンジ参戦『NSX GT3』のカラーを公開

AUTOSPORT webより

北米ホンダ、ピレリ・ワールドチャレンジ参戦『NSX GT3』のカラーを公開

 3月1日に公開されたニューカラーリングは、長年PWCに参戦し、IMSAスポーツカー・チャンピオンシップのマイケル・シャンクレーシング(MSR)と並んで、アキュラのワークスチーム的存在となっているリアル・タイム・レーシング(RTR)伝統のカラースキームを採用。

 チームが“squircles(スクワークルズ)”と呼ぶ、スクエア(四角)とサークル(円)を組み合わせた楕円形モチーフが随所に採用され、チームカラーでもあるブルー、ホワイト、オレンジの組み合わせで彩られた。

 このPWC向けNSX GT3のデザインワークを担当したのは、MSRの2台のカラーリングも仕上げたアキュラ・エグゼクティブ・クリエイティブ・ディレクターのデイブ・マレク氏で、これまでRTRが走らせていた『アキュラTLX GT』を意識したカラースキームを採用したという。

 対してNSX GT3の開発ドライバーでもあるオランダ人、ピーター・コックスがドライブする93号車は、カラーパターンが反転された色味となっている。

 どちらのマシンも“スクワークルズ”に加え、1990年代以来すべてのアキュラ製レーシングモデルの特徴として採用されてきたオレンジが、ワンポイントカラーとして効果的に配色された。

 このカラーリングについて、アキュラモータースポーツ活動を統括する北米ホンダ・パフォーマンス・デベロップメント(HPD)のプレジデントを務めるアート・セントシアーは「(1月の)デイトナ24時間に参戦したMSRの2台が熱狂的に迎えられたように、PWCでも同様のリアクションが得られるだろう」と自信をみせた。

「我々のファンはNSXのチャレンジをつねに熱意を持って迎えてくれる。このマシンなら、見た目とパフォーマンスの双方でファンを喜ばせることができるだろう」

「これでアキュラ・プレシジョン・クラフツ・パフォーマンスを代表するふたつのアイコンが、北米の2大シリーズに揃ったことになる。RTRの歴史を踏まえつつ、2017年が成功の年になることを願っている」

 今季のPWR開幕戦は、フロリダ州セントピータースバーグで3月10~12日にかけて開催される予定だが、このトラックは15年にエバーズレーが『アキュラTLX GT』のデビューウインを決めた縁起のいい場所ともなっている。
 
VISIT WEBSITE